先輩からのメッセージ

菊池 麻菜

東北工業大学 工学部 建築学科

はじめまして。

 「将来」「就職」「社会人」、漠然とした不確定なもので、明確さと自信が欲しくなったり、気後れされる方もいらっしゃるかと思います。でも多分だいじょうぶです。

 ポジティブ・ネガティブな経験も得るものは多く、自分を成長させ実りあるものとしてくれます。

 気負いすぎず、自他を見つめ、人とのかかわりを大切にしながら挑戦してみてください。

 納得のいく選択となります様、応援しております。

 その結果、当社を選んで頂けた際には、一緒に頑張っていきましょう!

この仕事のここが好き

 大勢の方の考えや知識に触れることが出来る点に魅力を感じています。現場は様々な業種の方々が携わり完成していきます。

 中でも現場管理の仕事は、お客様から設計者、各施工業者まで殆どの方と接する機会があります。

 お客様の要望を各業者と協力し、施工していく過程で、多様な技術とコミュニケーション力が培われます。そうして完成したものが、まち・社会の一部となる達成感とやりがいは自分を成長させてくれると思います。

平野組のここが好き

 誠意を持ち取り組む姿勢です。平野組は県内でも知られており、建築物・土木構造物を造り、建築においては工事だけでなく設計課もあります。

 施工物も多様で、住宅、医療・福祉施設、商業施設、公共施設等を手がけています。一つの会社で、土木と建築について関連付けて幅広く学ぶ事ができます。

 また、「平野組さんなら安心だ、よかった」等と頂戴する機会があります。地域に根付き、多方面で仕事が頂けるのは、先輩方が作り上げてきた信頼と実績だと思います。

 その一員となれて嬉しく思うのと同時に、それらを次に繋げていける様、精進したいと思っています。

島越 一茂

日本大学 工学部 建築学科

自分の進む道・やりたい仕事を考える

 就職活動を進めるにあたり、まず自分がどこでどのような仕事をしたいか、一度自分の進む道を深く考えてみましょう。何にしても意志や目標がなければ、成長はできないと思うからです。

 私は学生時代に東日本大震災で実家の町が被災しました。この体験から、地元岩手に就職して社会に貢献したいと思い、平野組を希望しました。 それぞれの目標に向かって、一緒に切磋琢磨していきましょう。

この仕事のここが好き

 色々な方と接することが出来る事です。施主様や設計事務所様、職人さんとは、同年代から両親や祖父母にあたる年代まで幅広いです。仕事に対して厳しい言葉もかけられますが、自分にはない考えや知識が増えて日々成長していると感じています。また、引渡しの際に施主様の笑顔や感謝の言葉を頂くと、「試行錯誤したり、悩んだこともあったけど、頑張って良かった」と思い、達成感を感じられます。

平野組のここが好き

 わからないことはすぐ教えていただき、みなさん優しいです。間違いは、もちろん注意されますが、教わることで人間的に非常に成長できる会社だと思います。現場は病院やマンションなど様々な工事を手がけているので、経験豊富な先輩方が多いです。また、技術者として必要な技能講習や、講習会を受けられ、学べる機会があります。この環境により仕事での知識を早く覚えることができる会社だと思います。

チュン ヒウ タン

ホーチミン市運送交通大学 教育部

好きなことを仕事にしよう

 何が自分で好きな仕事ははっきり言えない方いらっしゃると思いますが。好きなことを仕事にできれば、仕事に詳しくなったり経験をつめばつむほど、理想の自分に近づいていきます。やっていることにも自信がつきますし、そんな自分をもっと好きになれるのですもっと人生を楽しくなると思いますので就職活動している皆さん好きな仕事を探して頑張って下さい。

この仕事のここが好き

 子供のごろから物を作るのが大好きです。いつか自分で建物を作るのは私の夢です。夢を叶うために建築業を選びました。建築業とは多くの人との協力がないと成しえない仕事なので、その中で働く充実感と建物が出来上がった時の達成感が感じらます。それに、世の中で建物を何十年と形に残るというところ自身の誇りです。

平野組のここが好き

ベトナムから来て株式平野組入社しました。初めて会社を訪れた際、会った方全員が明るい挨拶をしていただき、とても良い印象を思って、そのときに会社で働きたいと強く感じました。

 入社後しばらくは全然上手くいかず、自分にこの仕事は向いてないんじゃないかと悩んでいました。その時、上司や先輩から優しくアドバイスをもらい、自分では『まだまだ努力が足りないんだ、もっと頑張ろう』という気持ちになりました。

 現場の方たちはみんなすごく優しくて面倒をみてくれますので建築業に選ぼう皆さんに一緒いに頑張りましょう!

助川 優也

八戸工業大学 工学部 土木建築工学科

自分の考えや意見をしっかりと言えること

 社会人になると思うように自分の時間を作ることも出来なかったりしますので、卒業論文等で忙しいと思いますが学生のうちに自分のやりたいことを見つけて実行することをオススメします。

 また、どんな仕事にも当てはまると思いますが、人とのコミュニケーションなくして円滑に仕事はできません。相手が誰であっても常に真摯な態度で接することが大事だと思います。自分の考えや意見をしっかりと言えることも、やりがいをもって働く上で必要だと思います。

この仕事のここが好き

 入社してから建築の外構工事や新設の道路工事を経験しました。現場に出ると思い通りにいかないこと等多々ありますが、私たち、土木関係の仕事は自分が携わった構造物や道路が完成したときに味わう達成感が一番の醍醐味だと思います。毎日、試行錯誤を繰り返したり下請けさんとの打ち合わせをしたりと内容の濃い日々を過ごせます。また、道路工事など社会インフラの整備に携われることは大変誇りに思います。

平野組のここが好き

 実際に入社するまでは「平野組」がどのような会社なのかイメージが全くわかりませんでした。建設会社ということで気難しい人や厳しい人などが多いと思っていましたが、優しくフレンドリーな先輩ばかりでした。仕事でわからないことがあり、悩んでいたときにも丁寧でわかりやすいアドバイスを頂きました。また、 プライベートでも共通の趣味の先輩が多く、休日は一緒に釣りに出かけたりと充実した日々を過ごしています。

佐藤 辰也

岩手大学 大学院 工学研究科 社会環境工学専攻

就職活動中の学生ならびにこれから就職活動する学生の皆さんへ

 こんにちは。就職活動している皆さん、大変苦労している方もいらっしゃるかと思います。またこれから就職活動を行う皆さん、社会人という言葉に萎縮してしまう方もいらっしゃるかと思います。何も恐れることはありません!今まで頑張ってきた事を思い出し、自分の良さを見出して積極的にぶつかっていけばいい結果が得られると思います。

 就職活動も充実させて学生生活を楽しんでください。

この仕事のここが好き

 技術系の仕事だと思われがちですが、建設業という仕事はなによりコミュニケーションを取る事が一番大切です。一つの構造物、道路といったものを作るのに一人の力では何も出来ません。協力業者の協力を得て初めて作り上げることが出来ます。

  工事を進める過程として協力業者、会社の上司や先輩など様々な方々とコミュニケーションをはかることが重要です。経験豊富な方々と会話をすることで、多種多様な考え方、知識等が聞けて刺激を受けますし、この仕事の面白さであり、私がこの仕事が好きな理由です。

 

今まで興味があった方、なかった方も是非トライしてみてください。

平野組のここが好き

 私が思う平野組のいいところであり、好きなところは地域密着型だと言う事です。ただ単に地域の業者と言うわけではなく、県内でも有数の企業であり、特に一関では優良企業として有名です。私が担当する工事は一関市内の街中での工事のため、地域の方々と接する機会が多いです。工事に伴う挨拶の際に、「平野組さんだったら安心だね」、工事が完了した後での会話でも「ご苦労様。平野組さんだったからよかった」と 言っていただけることが多々あります。その度に地域の方々に貢献できるように頑張ろうという気持ちがより一層強くなりますし、平野組に入社出来てよかったなと私は思っています。

 建設業を目指している学生のみなさんが平野組に入社してくれることを心待ちにしています。

鈴木 陽介

日本大学 理工学部 交通土木工学科

~気づく、話す、直す~

 とあるお客様企業の一方針です。私もこのことを心掛けながら働いています。後輩となられる皆さんも是非このことを意識して仕事に取組んで欲しいと思います。そうすれば、回りからも信頼されるビジネスパーソンに成るんじゃないかな。共に頑張りましょう!

この仕事のここが好き

~お客様からの信頼~

 私は入社当初、現場管理(土木部門)を行っていました。その後、営業に異動になりました。

 営業の仕事は、お客様目線にたってより良い提案をすることが大切です。お客様とよく話し、ニーズを確実につかんで、それを社内で検討しそして営業マンが、お客様に理解して戴けるよう提案、説明を行います。会社を代表してお客様とふれ合う過程で信頼を頂戴することがあります。

 

お客様から感謝の言葉を頂戴するとき、気軽に声をかけて戴ける間柄になれたとき、信頼を頂けたのだと嬉しく思えます。

平野組のここが好き

~Be There Front~

 北上山地への誘致が期待されるILC(国際リニアコライダー)の将来を見据えて、スイスとフランスの国境にまたがるCERN(欧州原子核研究機構)に視察に行く機会を頂きました。その後も内外でILCと地域の将来像について語り合う場へ出席させて頂いています。

  建設業は社会インフラ整備の主翼を担っていますが、加えて平野組では地域社会への積極的な関りを通して、明るい豊かな社会の実現に向けて奉仕することができます。

及川 圭二

東北学院大学 法学部 法律学科

地域社会の発展に貢献できるやりがいのある仕事

 社会の発展には、建設による社会基盤の整備が不可欠だと思います。地元、故郷に帰って地域に貢献したい気持ちがあった私は、地域社会の発展に貢献するべく、そのような考えから建設業を選びました。

 社会の発展に貢献したい、やりがいを求めたいと考えている人は、建設業も候補に入れて就職活動してほしいです。

この仕事のここが好き

 営業職なので色々なお客様と話しをする機会が多く、多業種の話しを聞けるのがとても勉強になり面白く感じます。また、不便を抱えて困っているお客様の希望をかなえてあげたときや、事業を立ち上げようとお客様と一緒になって計画した案件が完成した時は達成感で満たされ、非常にやりがいを感じます。

平野組のここが好き

 新しいことを積極的に取り入れようとするところ。チャレンジ精神旺盛な会社だと思います。

 新事業の発掘や新工法への取り組みなどが盛んであり、又、研修も多く社員教育にも力を注ぐ会社であると思います。そういう常に発展しようとする会社の姿勢を誇りに思っています。

浅利 達也

一関工業高等学校 土木科

入社時の不安も自信に変わる日が来る

 入社時を思い出すと、自分に現場監督として仕事ができるのかと不安で一杯でした。 ですが、現場に配属され日々指導してくださる先輩方のおかげで不安はなくなっていきました。 年数が増えるにつれ、入社時の不安もいつしか自信に変わる日が来ると思います。 大丈夫!やる気があれば仕事を覚えていけるので、一緒に頑張っていきましょう!

この仕事のここが好き

 何も無い場所に、図面を基に構造物を造り出し、私たちの生活の基盤となり、安全を守る助けとなる働きがいのある仕事です。

 自分が手掛けた仕事を目にするたびに、苦労したことや悩んだことを思い出しますが、工事が無事に完成したときの喜びの方が大きくて、努力が報われたことの達成感を味わうことができます。

平野組のここが好き

 特定の工種だけを専門に行う会社と違い、多種にわたって大小様々な工事を行ってきた実績は他の会社にはないとても大きな魅力です。とても優しく指導してくださる先輩方、経験豊富で多彩な技術を身につけ頼もしい方々のいる会社はとても勉強になります。

 個性豊かな面々が集まり、楽しい雰囲気の中にも厳しさを持った社員と一緒に仕事ができる環境が大好きです。

上に戻る